APK-12WA/APK-30NA


APK-12WA/APK-30NA

 APK-12WA/30NAは、警戒範囲内の物体から放射されている遠赤外線エネルギーの変化を検知する、立体センサです。
 焦電素子とマイコンの組み合わせにより、情報を高精度に解析し、検知体の形状を確実に判別します。設置環境(外乱光、電波やサージのノイズ、温度変化)に即応する、警報検知レベルの自動調整機能や、アラームメモリ、パルスカウント、感度調整の機能を有しており、誤報を抑えています。

 アンテナ(写真参照)が特徴で、センサカバー不正工作の防止が可能です。 

APK-12WA / APK-30NA
検出方式

パッシブインフラレッド方式(環境測定機能付き素子)

警戒範囲

APK-12WA:立体警戒80㎡(最長部12m)
APK-30NA:面警戒(最長部25m 検知モードスイッチ高密度設定30m)
検知ゾーン

APK-12WA:72本(18面)/APK-30NA:24本(6面)
動作電源

DC10~30V(無極性)
消費電流

最大30mA
警報
出力/出力時間

フォトモスリレー出力(無電圧):AC/DC30V・0.35A
(抵抗負荷)0.75秒
表示灯

赤色LED(スイッチにより消灯可能)
接点切替

1a、または1b接点(スイッチにより切替可能)
タンパ出力

カバー開で動作、警報出力に接続
アラームメモリ
入力

スイッチによりメモリ表示をモード0~2まで選択
表示灯

黄色LED
機能

警報出力3分後に45分間点灯、その間再度警報の時はリトリガーにより48分間点灯を延長
異常警報出力

機器異常、電源電圧異常、ゾーンロケータ異常の時、連続出力

角度調整

上下方向:天井取り付け3~40°、壁取り付け0~25°
左右方向:±8°(ミラーユニットによる微調整)
環境条件

温度:-10~50℃/湿度:95%以下
設置場所/取付方法

屋内天井、または壁取り付け/取り付けベース分離式
外観

本体:ライトグレー(PRO)/カバー:乳白色(PE)
外形寸法

59(H)×φ165㎜ t=74㎜(凸起を含む)
質量

250g
いたずら防止機能

あり(アクティブ素子)
カバー不正工作防止機能

あり(アンテナ線/凸起物)